2013年12月22日日曜日

パーティーヒットオーバー最高なワンナイト

微かな自分の記憶とジャムの情報だけを繋ぎ、あのLIVEの打ち上げを思い出すと・・・
やはり楽しかったと、ニヤつける・・・
あっという間すぎて、まだまだ話したりない事だらけでした。

音楽性格の話題から、楽器性能のトーク・・・シンボルが左に曲がってるだ右に曲がってるだとのぶっ飛んだ話等・・・
やはり思い出しても面白おかしい・・・
そして、やはり俺のバイパスは緩やかな左カーブを描いている。


あの時も今日みたいな雪降・・・り、そんな雪景色とジャムが語っていた当日の話がミキサーにかけられたように混ざり合いフラッシュバックホテル。
古い話だが、流れ星銀って犬の漫画の記憶を無くした親父犬が雪と何かの衝撃で部下となっている息子の事を思い出す。
そう・・・あんな感じだ。

この右腕と手首に残る突っ張った軋む痛みは三次会で飲み屋の支柱を突発的にポールダンスの様にワンアクセルした物・・・
この背中と腰の当たりをズカズカスコップで雪掻きされたような痛みは三次会で壁際だと勘違いし寄り掛かったら、そのまま通路にバックドロップ出荷した物・・・
この左前頭部と左膝にピクリチクリと刺さる痛みは三次会の帰りにアイスバーンに全身でタックルをした物・・・

そんで昨日のギアボックスで
・・・帰りのタクシーの乗り換えまで眠りこけ、途中で起き、拉致されたと勘違いをしパニックになった事を聞かされた他、またまた今回も色々とジャムフォローインを入れさせてしまった。


古本屋のコミックの様に飛び飛びだが、とてつもなく楽しかったLIVEと打ち上げ・・・
次の予定はまだ無いけれど、2月、3月当たりにでもやって今回、LIVEハウスに録ってもらったCDよりは、もっとまともな演奏をしよう。